蔵群とは

藏群の歩み臧群的歷史

主人眞田の「居心地のいい宿」を作る、という夢が1998年設計デザイナー中山眞琴氏との出会いで実現に向け動き出す。中山氏と全国の宿を泊まり歩き、夢の共有と具体化に数年を費やす。同時に夢は紙に落とし込まれ模型、設計図へと形を表す。その過程でときには冒険的手法を模索し、ときには絶対のアイデアを捨てながらも熟成をくり返し2001年着工。施工中も窓位置や素材の変更など、数々の修正を重ね2002年オープン。

2012年創業10年を迎え、中小規模クラスで北海道を代表する宿に。2013年から創業期にできなかった夢を形にする10年を踏み出した。
造形は蔵をイメージし各蔵(客室)を回廊がつなぐ形をとる。朝里川のせせらぎと周辺の里山を借景として、日本人のくつろぎを形にする。

董事長真田先生於1998年與中山真琴設計師見面後,創造一個"舒適酒店"的夢想, 一直在大腦中穿梭。為了實現夢想,花了數年,和中山先生走遍全國,終於把夢想畫在了設計圖上。摸索著,探討著。終於於2001年開始建造,施工中由於窗戶位子的變化,用的材料的變化,修改了很多。於2002年正式開始營業。

 2012年喜迎創業10週年,作為北海道中小企業的代表。回想過去,夢想變為現實已經走過了10個春秋了,光陰似箭啊。  借助朝里川和周邊的大山,以倉庫為建造圖像,把各個小倉庫(客房)用走廊連接到一起的形式。建造了一個放鬆心情,度假的好地方......藏群


オーナーズ・トーク | 总经理简介和记者的谈话
  • 蔵の寛ぎ | 放鬆的倉庫式建築
  • 季の匂い | 季節的味道
  • 湯に触れる | 感受溫泉
  • 時が深まる | 時光流逝,臧群更有魅力了。
  • 旬の味わい | 季節的味道
  • 静を聞く | 感受靜態

Top of This Page